2018年05月09日

ラッピング施工(2)

IM32357101.jpg

IM32357201.jpg

ようやく晴れて撮影日和。
でも晴れはラッピング日和でもある。

というわけで前回で終わらなかったラッピング施工の続きをしてもらった。

じゃーん!
完成!

…と言いたいところだけど、もうちょっとだけ続くんじゃ。
posted by みやもと at 19:23| Comment(0) | ラッピング

2018年05月01日

ラッピング施工

IM32341501.jpg

IM32343301.jpg

いよいよ南鉄応援ラッピングカーのラッピング施行日。
朝一番で洗車しスタッフを迎える。

今日は晴後雨の予報が出ていたので、なんとか雨が降る前に終わらせたいところ。
しかし、施工面積が小さい割に形状が複雑ということで、予想以上に時間がかかってしまい、ついには雨が降ってきてしまう。

車庫の中で作業を進めてもらったが、9割方のところで時間切れ。
明日は雨の予報なので中止となり、続きの施工日については要相談ということに。

一部貼ってないところや最終的なデザインに至っていないところもあるけれども、全体が派手な分、言われなければわからない。
最悪、1週間ぐらいこのまま走り回っているかも。

まだ見慣れていないのと、ちょっと現実離れしているラッピングのため、車庫の車を見るたびにドキッとしてしまう。
そして一瞬の後にはニヤニヤしてしまうのある(笑)
posted by みやもと at 21:21| Comment(0) | ラッピング

2018年04月25日

南鉄応援ラッピングカー第2回

光鉄企画ハイセ゛ットカーコ゛out20180407_MT_s.jpg

20180407_2_rear.jpg

南阿蘇鉄道ラッピングカー。
その制作過程を数回に分けて紹介していきます。
第2回 「デザインの作成」です。

最初の打ち合わせが終わったらデザインです。
ADマーキングプロダクト(以後アドマーキング)さんからデザインのひな形となる車両の図面をもらってデザインしてきます。

今回は商用車としてメジャーなハイゼットカーゴなので、すでに図面がありました。
最新の車両や乗用車等ですと図面の準備に時間がかかることがあるかもしれません。

冒頭のは前回の告知にも登場した三面図。
前後左右の4面あるじゃないかと言われそうですが、必要ならば面も増え、増えても三面図なのです。
今回は側面は左右とも同じデザインですが、単純に左右反転したのでは鏡文字になったりするので図面が必要です。

図面データはは印刷業界御用達のアドビイラストレータの形式です。

パソコンが苦手の方やイラストレータが使用できない場合は、上に印刷した図面に塗り絵のように塗ったり書き込んだりするのでも大丈夫です。
また、イラストレータを使わず、フォトショップなどでの加工でもよいそうです。

宮本は紙に書くのが苦手なので、パソコンを使ってデータを作っていきます。
普段使わないソフトですが、同じアドビのフォトショップを愛用しているので操作はわかります。
いつもは使わないので契約していないのですが、今回のためにピンポイントで期間購入しました。
(でもチラシ作るのに便利だから本当は定期購入したいんですよね…。)

今回のは元になるデザインがあるので、それを車という形に落とし込んでいくだけです。
…なのですが、列車と車では形が違うので、これが意外と難しい。

さらに鉄道と違って車にはドアやボンネットなどの開閉部があるので、部品の継ぎ目と色の境目をあわせられる範囲で合わせていきました。
ハイゼットカーゴは車両のほとんどの部分がドアや可動部のレールなので大変でした。

三面図だと斜めがなくてイメージがつかみにくいので、斜めから撮った実車の写真と見比べながら作業しました。
それでもよくわからなかったので、何度も実車を見に車庫とを往復しました(^^;
実車を見ることによって、図面にガソリン給油口がないことに気づけました。

データを作りつつ、疑問点や相談したいことなどがあったら、図面に添えてアドマーキングさんとメールでやり取りしながら進めていきます。
こちらの図面をもとにアドマーキングさんの方でいい感じに直してもらったりして、上の完成版が出来上がりました。
側面の「南阿蘇鉄道を応援しています」はアドマーキングさんが入れてくれたものです。

光鉄企画のロゴは某とうふ店のようにドアのところに入れたいとも思ったのですが、南鉄のデザインを優先したかったので側面は避けて後ろだけにしました。
画像ではちょっと見えないかもしれませんが、「協力:南阿蘇鉄道」「ラッピング:ADマーキングプロダクト」の文字も入れてあります。

沿線各店舗の広告なども考えたのですが、こちらはラッピングにせず、必要に応じてマグネットシートで制作して貼ろうと考えています。
こちらはまた後日。

デザインが決定したら、あとは施行日を相談して決めます。(最初の打ち合わせの時、一応大体の納期は相談しておきます。)
施工は現地作業で基本1日で終わります。一応念の為2日間確保するようです。
5/1,2に南阿蘇の自宅の庭で施工予定です。
posted by みやもと at 14:50| Comment(0) | ラッピング

南鉄応援ラッピングカー第1回

ハイセ゛ットカーコ゛s.jpg

先程告知した南阿蘇鉄道ラッピングカー。
その制作過程を数回に分けて紹介していきます。

ではさっそく第1回、「最初の打ち合わせ」です。

その前に、ラッピングとはなにかを簡単に説明します。
ラッピングとは「包む」という意味で、車両表面にフィルム状の素材を貼り付けて、文字通り包み込みます。
看板屋さんや板金屋さんが直接インクで書いたり吹き付けたりするのと違い、下地を傷つけず、剥がせばもとに戻るのが最大の特徴です。(剥がせないフィルムもあります)

数日で施工でき、剥がすときも1日か2日で終わって元に戻るので、期間契約の広告車両等でよく見かけます。
個人ではデコトラや痛車など派手なラッピングが思い浮かびますが、赤や青の単色でもできるので、気分でカラーリングを変えるなんて用途もあります。
全面ラッピングは料金も高くて個人ではなかなか手が出ませんが、ロゴを入れたり文字を入れたりと行ったステッカーを大きくしたような部分的なラッピングも可能で、面積に応じて費用が安く済みます。

まあ、なにはともあれ、ラッピングしようということになったら、まずどんな意図でどんなデザインにしたいかという打ち合わせをします。

この時はちゃんとした図面はまだ必要いですが、ラフデザインでもあれば話が早いです。
完成イメージから、どんな手法でラッピングするのがいいか相談します。

ラッピングにもいろいろあり、面積、使用するフィルムの種類、施工法などで価格や下地塗装への影響などのメリットデメリットが様々です。

南阿蘇鉄道のマンガよせがきトレインのような全面に図柄の入ったものは、図柄を印刷した帯状のシートを図柄を合わせて貼ります。ちょうど壁紙をイメージすると良いでしょう。
これが好きなデザインにできて一番いいのですが、一番値が張ります。

今回は南阿蘇鉄道のMT-2000形のデザインということで、全面印刷ではなく、下地に白を貼り、ラインや文字、ロゴなどを部分的に貼っていくことでコストが削減できるという話でした。
前述した剥がせないシートを使うと全面印刷でも安くできますが、元に戻せないのでおすすめしないとのことでした。

施工方法によるメリット・デメリットについては、アドマーキングさんがきちんと説明してくれたので、納得の行く形で決めることができました。
最大の問題はコスト面だったのですが、南鉄応援という趣旨に共感していただき、かなり無理を言って予算内でやってもらえるということになりました。ありがとうございます。

で、いよいよイメージを図面に落としていくのですが、上の画像はそのひな型となる白紙の図面です。
イメージはきちんとできているつもりだったのに、実車に落とし込もうとするとこれが予想以上に難しい作業で…。

続きは第2回で。
posted by みやもと at 14:16| Comment(0) | ラッピング

南鉄応援ラッピング

光鉄企画ハイセ゛ットカーコ゛out20180407_MT_s.jpg

熊本地震から2年。
南阿蘇鉄道はついに、というか個人的にはようやくというか、ともかく復旧工事が始まりました。
ただ、全線復旧予定は2022年度とまだまだ時間がかかります。

そんな時間の中で南阿蘇鉄道が忘れ去られないよう、アピールしていきたい!

というわけで、うちの車を「南阿蘇鉄道応援ラッピング」することになりました。

車の形は変えられないのでトロッコ列車を模するのは難しそうなのと、宮本が南阿蘇鉄道の車両の中で一番好きなカラーリングという理由で、MT-2000形のデザインのラッピングにします。

派手そうに見えてどの季節にもマッチする赤と白の塗り分けと青のライン状の意匠。
そして実車では形式番号の書かれている部分(MT-2001Aなど)には、全線復旧が2022年度予定なので、2023年の観光シーズンには全線を乗りに来て欲しいという意味で2023を用いました。

さすがに車両の形が違うのでそっくりというわけには行きませんが、車への落とし込みも上手にできたのではないかと思っています。

デザインの使用を南阿蘇鉄道さんに許可していただき、ラッピングの施工は南阿蘇鉄道のマンガよせがきトレインなどのラッピングを担当した「ADマーキングプロダクト株式会社」さんにお願いします。

ADマーキングプロダクトさんも南阿蘇鉄道を応援したいと賛同してくださり、共同プロジェクトというかたちで、ラッピングの施工の工程をブログ等で紹介してきます。

出来上がったラッピングカーは沿線のイベントなどで展示する他、撮影ツアーで日本各地(のローカル線)に出没します。
もちろん、日々の撮影にも乗っていきますので、天気の良い日は南阿蘇鉄道沿線で見かけることもあるでしょう。

来週には施工の様子をお伝えする予定です。おたのしみに!
posted by みやもと at 13:26| Comment(0) | ラッピング