2013年04月21日

DA*60-250mmの玉ボケ

中望遠から望遠まで幅広い範囲をカバーし、鉄道写真のほとんどがこのレンズ一本で撮れてしまうというDA* 60-250mm F4 ED[IF] SDM。
便利極まりないこのレンズだが、最近気になっていることがある。

先のエントリにも書いたが、最近等倍で画像を見る機会が増えている。
そこで気になっているのがこのレンズで発生する玉ボケだ。

一般的には鉄道写真でボケを狙うようなことは少ないのだが、最近は季節の花などを前ボケに入れることが多いので気になってきた。

ひとつ前のレンゲソウの写真は花の形がわかるようにF11まで絞り込んでいるのであまり気にならないが(そもそもリサイズしているのでわかりづらい)、F5.0で撮ったものは前ボケに多量の玉ボケが発生している。

後ろボケでキラキラと丸いボケが出るのはいいのかもしれないが、前ボケに小さい玉がうじゃうじゃ〜と出るのがどうにも気持ち悪い。

場合によっては二線ボケが酷いこともあり、このレンズ、ピント面はシャープに写るのだがボケはイマイチな気がする。
ネットの噂を見ると、逆にボケの評価がよかったりするので、うちのレンズだけなんだろうか?

このボケが嫌でDA50-200mmを使ったりしてみたが、こっちはこっちでピント面ですら甘く、しかも周辺はかなり悲惨な状況。
日の丸構図だと相対的に中央がしゃきっとするので、結構おもしろいのが撮れるんだけどね。

うーん、ここ数年は手持ちのレンズで特に不満はなかったのだが、等倍で見るようになるとまたいろいろレンズが欲しくなりますなぁ。

DA*50-135mmF2.8とかはどうなんだろ?
焦点距離だけ見ると鉄道写真にうってつけ。
これだと長距離戦が厳しくなるので、そっちはDA*300mF4でカバー!?

ちっとも売上がないのにレンズばかり欲しくなる今日このごろ。
posted by みやもと at 23:24| Comment(2) | 機材
この記事へのコメント
あきざわです。こんばんは。
ボケですが、写真を拝見した限りでは、前ボケはキレイなように見えます。
もしかして、二線ボケが後ボケに出ますでしょうか?
だとしたら、解像度を出すために、球面収差の補正が過剰気味になっているレンズなのかもしれません。
その場合、後ボケに二線ボケの傾向が出ます。
ただ、一絞りほど絞ってあげると、見違えるようにボケも良くなるケースが多いんですが。
違っていたらゴメンナサイ。
Posted by あきざわ at 2013年06月26日 01:31
どうも、お久しぶりです。
二線ボケが出る時はありますが、そこまでひどくはないです。

気持ち悪いボケと思った時は絞りが中途半端なので、開けるか絞るかして好きな大きさにコントロールしてあげないといけないですね。

F2.8だったらなぁ…、とかフルサイズだったらなぁ、とか結局機材のせいに(笑)
Posted by みやもと at 2013年06月26日 07:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: