2015年03月06日

磁石おじさん

IMGP522001.jpg

ネットショップや100円ショップでありとあらゆる磁石を買い集める。
フック、マグネットバー、マグネットシート、コイン状の小さいもの。強さも形状もいろいろ。

100円ショップで大量に磁石を買い漁る変なおじさんと化していた…(^^;

その磁石を使って額を壁にくっつける方法を探る。
しかし、ほとんどの磁石が脱落していった。

磁力が弱いものは言うまでもないが、磁力が強くても壁との摩擦力が弱いとずり落ちてきてしまう。

あれだけあった磁石のうち、残ったのは4種類だけ。

IMGP521901.jpg

1. コクヨの荷重3kgまでというマグネットフック
磁力も強く、ゴムのようなもので摩擦力も強化してあってすごい安心感。
1kg以上あるA3の額などはこれ以外ではまるで歯が立たなかった。
吊り下げているのが丸見えなことだけが弱点だが、まあこれは仕方ない。

2. 100円ショップ 超強力マグネット コイン状
磁力は文句ないが、摩擦力がないのと、接着剤がつかなくて固定できないという課題があった。
しかし、これは買ったままのパウチングされたシートから出さずに、シートごとテープで貼り付けることでクリアできた。
A4や四つ切までの軽量の額ならおまかせ。

3. 100円ショップ A4マグネットシート 書いて消せるタイプ
ホワイトボードとしても使えるシート。
磁力はそこまで強くないが、大面積で密着することで摩擦力が高い。
額のサイズに合わせてカットし、裏面に両面テープで貼り付けることでA4や四つ切の軽量額を貼れる。
裏面が平坦でないと使えないのが玉にキズ。

4. 100円ショップ 強力マグネット ピンタイプ
額に入れていない写真を手軽に貼れる。
はがきサイズ程度の補足の写真などを貼りたい時に。

2と3は額の裏側で仕事をするので、表からは何も見えないのが利点だ。
釘と違って壁に貼るだけなので簡単だし、位置調整もやり放題。
ひも吊りだと縦に複数並べることができないが、このタイプなら配置は自由自在!
磁石がくっつく壁にして本当によかった!

ネットショップで買ったものより、100円ショップで買ったもののほうが多く試練を乗り越えられたことは釈然としないが、この方が安く済むから助かる。

自由に配置できるので、A4サイズの写真が予想よりもたくさん展示できそう。
美術館みたいに1品ずつじゃなく、上の写真のようにごちゃごちゃっと展示する方針で進めている。

展示方法に目処が付いたので、写真を選んで印刷して配置するという次の段階に進める。
普通は先に配置を考えて(設計して)から実作業に入るのだろうが、磁石方式は自由に貼ったり外したりできるので、現場で実際に仮配置しながら考えることにする。

はてさて、15日に間に合いますかどうか…。
posted by みやもと at 23:38| Comment(0) | ギャラリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: