2015年02月09日

本丸突入

IMGP508801.jpg

サロンに続いてトイレの扉と廊下の壁紙を貼って、いよいよ本丸のギャラリーへ突入。

IMGP508701.jpg

まずはトタン板を釘で打ち付けていく。
下地のコンパネ同士の不陸(凸凹)はこのトタン板で隠せる。
トタン板は金切りバサミでカットできるが、買ってきたままのほうが切り口がきれいなので、補強の梁を回避するところだけカットした。

トタン板の継ぎ目は重ねて処理。下手にピッタリに並べようとするとうまくいかないのと、釘を打てる柱の位置の関係からそうした。
厚みは0.27mmで、コンパネ同士の不陸に比べたら大したことはないので許容することにした。

IMGP509001.jpg

上から下まで一気に壁紙を貼る。
ロールで買ってあるので長さは自由自在だ。50mを買ってあったのだが、途中で足りなくなる可能性が高くなったのでもうひとロール買ってきた。
ロットや製造時期が異なると色が違うかもしれないと書いてあったので、ギャラリーはすべてこの新しいロールのを貼っていく。

壁の高さは2.5mほどあり、この長さになると壁紙の継ぎ目がうまく処理できる気がしない…。
簡単なのはトタン板のように重ねて処理してしまうことだが、サロンで試したところさすがに少し目立つ。
でもぴったり合わせようとして失敗するともっと見苦しい。

今日は寒かったので、壁紙を継ぐのは明日の宿題にして終了。
ほんっと今日は寒かった…。
posted by みやもと at 18:37| Comment(0) | ギャラリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: